M&Aを学ぶ

M&Aの情報が満載!

当サイトでは、巷でも話題に上ることが多いM&Aとは何かということと、それによってできることをまとめる形で紹介しています。
買収することで自社の事業の組み合わせを最適化することが出来たり、社長が高齢の場合などで後継者問題を一気に解決できたり優れた効果が存在します。
買収することで譲り受けた会社が大きくメリットを受けると言われますが、条件交渉次第では譲渡した会社までも大きなメリットが存在する場合もあり、一概に言うことが出来ません。

M&Aとは一体何?できることまとめ

M&Aとは一体何?できることまとめ M&Aとは企業が将来の事業展開を拡大するために、他の会社を資金を投じて買収することです。
他の会社を買収すると、その会社に所有している社員や設備、情報、ノウハウなどを総て承継することができることとなります。
実際に買収した企業にとって大きなメリットが存在しますが、譲渡企業であっても資金繰りなどが解決できる側面もあります。
特に自社の事業と買収により取得した企業の事業をマッチングさせることでより最適化な事業に成長することもあります。
またM&Aを実践することで、譲渡企業の後継者問題も解決することも可能で、後継者が居ないから廃業に追い込まれなくても済みます。
他にできることとしては、交渉次第においては譲渡企業も企業価値を高く見積もって貰える可能性もあり、その得た資金で他の事業に投資を行うことも容易になります。

M&Aとは? 企業の買収と合併の違いについて

M&Aとは? 企業の買収と合併の違いについて M&Aは、英語のMergers and Acquisitionsの略で、Mergersは合併、Acquisitionsは買収を意味します。
このためM&Aは2つの意味があり、複数の企業をひとつにすることや、または企業が他社の株式や事業を買い取ることを意味します。
いずれにしてもM&Aとは企業が合併したり、株式や事業の買収のことですが、これらのプロセスは非常に複雑ですし、巨大になればなるほど手続きが困難になり、場合によっては破談することも多くあります。
このためM&Aを専門に行う会社もあり、それらが仲介役となって行うことが中小企業ではほとんどです。
合併の場合には会社をひとつにすることであり、これは法人をひとつにすることを意味しています。
メリットは譲渡する側はそのすべてを渡すことができることで精算することが可能になり経営者には相応の対価が支払われます。
一方で買収の場合には株式や事業などであり法人は残り、株式の場合には子会社化したり、また特定の事業のみ切り離して譲渡するといったことです。
メリットは譲渡する側は法人としての権利を有した状態で資金を確保することができるほか、不採算部門の切り離しや、または採算部門を売却することで資金調達の手段とするといったことなどが挙げられます。

m&aに関する情報リンク

m&a